表彰式・パーティー・WPC海外役員他による特別セミナー
参加ご希望の方は、チケット登録をお願いします。

表彰式・パーティー・WPC海外役員他による特別セミナー
参加ご希望の方は、チケット登録をお願いします。

Image is not available

表彰式

セミナー

2017年2月23日

2017年2月22-23日

大会会場:ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

Arrow
Arrow
Slider

Image is not available

 World Photographic Cup(WPC)とは、2013年に全米プロ写真家協会(PPA)とヨーロッパプロフォト連合(FEP)の呼びかけにより、アジアプロフォト連合(UAPP)とオセアニア連合が参加して始まった、プロ写真業界初の「写真における世界大会」です。

 そして2017年2月にはアジアで初めて、日本・横浜で世界大会が開催されることが決定しています。WPCは「ポートレート」「ウエディング」「コマーシャル」「イラストレーション/デジタルアート」「ルポルタージュ/フォトジャーナリズム」「ネイチャー」の6部門に、参加各国の各部門毎に3作品ずつ合計18枚の作品をエントリーし 、各国から選ばれた国際審査員が審査を行います。
 各部門上位10作品合計60作品をファイナリストとして、全米プロ写真家協会年次大会IMAGING USAで発表します。
 そして2017年は、ファイナル会場の横浜で、各部門上位3作品、合計18作品に対して「金・銀・銅」のメダルが授与されます。
 またファイナリスト順位によってポイント数が国別に計算されその総得点で国家別に上位3カ国が表彰され最高得点獲得国にワールドカップが授与されるという、個人と国家別に写真総合力を競うオリンピックスタイルのコンテストです。

Arrow
Arrow
Slider

Image is not available

日本の皆様へ

 WPC国際委員会並びにWPC 協賛各社は、2017年2月23日横浜で開催されるワールド・フォトグラフィック・カップ授賞式を心からお慶び申し上げます。
 アメリカ、ヨーロッパに続いての横浜大会はアジアで初めての開催となり、太平洋を挟んで初挑戦する国も多くあります。これはまさしくWPCが写真における唯一無二の世界規模の国際大会であることを示しています。
 WPC国際委員会代表として、この大会の成功は多くの参加国の素晴らしい協力とくにPPJ日本写真文化協会及び日本写真館協会の絶大なる協力無しにはあり得なかったことを強調し、御礼を申し上げます。
 横浜大会ではアジアからもたくさんの写真家が受賞されることと思います。しかしそこで最も大事な事は、受賞者の皆さんは各国を代表として選出されていると言うことです。つまりWPCに国を代表して参加していること自体が素晴らしいことだと言うことを忘れないでください。
 世界4大陸から各国の代表として参加している写真家の皆さんは誇りを持って個人戦の金銀銅メダルをまた、6つのカテゴリーの世界のベスト10を競うことでしょう、そしてそのスコアは国別に集計されます。

 そしてワールドカップは全ての参加写真家の頂点に位置する、唯一無二のオリジナルコンテストです。国を代表して参加すると言うこと自体が素晴らしいことで、写真業界では今まで行われていなかった企画です。
 さあ、ワールド・フォトグラフィック・カップ開催です。過去3回の大会で培った情熱を注ぎ込んで、日本での大会を忘れがたい大会にしようではありませんか。
 WPC国際委員会を代表して大会の大成功をお祈り申し上げます。

ジョセッペ スコッチ
ワールド・フォトグラフィック・カップ
CEO 最高経営責任者

Image is not available

Hello Japan!

The WPC governing committee and the sponsoring organizations of the competition are really excited to celebrating in Yokohama, Japan, on 23 February next year, the ceremony of the winners’ announcement of the competition.
It will be up for the very first time to an Asian country, after having been celebrated in America and Europe, and we are sure that that WPC will face the challenge to involve new countries from across the oceans. This is an evidence of the success of the first editions of the competition and a demonstration that WPC is a really unique global photographic event.
As the CEO of the WPC governing committee, I have to note that the success we're having in many countries is incredible, and I want to express our best congratulations for the great organizational work that PPJ, the association of Professional Photographers of Japan, is actually playing.
I am sure that among the winners who will be announced and awarded in Yokohama, there will be many from Asia, but the very important thing not to forget for all the authors who have been selected as a member of a national team, is that participation itself is a prize!
All the most talented photographers from 4 continents represent their country with pride, happy to compete for individual gold, silver and bronze medals, or for a position in the top ten in all the 6 categories,

which will be in any case a contribute to the aggregate score for their country. That is a pinnacle in the professional career for all entrant photographers. And that is the unique feeling coming from a one of a kind competition. To represent your country at any level is an incredible opportunity, and has never been
a program involving photography.
Now we have the World Cup photography, and after growing enthusiasm we had in the first three editions, we are all looking forward to an unforgettable celebration in Japan. On behalf of the WPC governing committee, good luck and best wishes.

Giuseppe Scozzi
World Photographic Cup
Chief Executive Officer

Arrow
Arrow
Slider

WPC日本大会開催にあたって

 いよいよ、ワールド・フォトグラフィック・カップ(WPC)横浜大会が近づいてまいりました。WPC 大会は今回で4回目の開催となり、アジアでは初めての大会となります。参加国も年々増えてきており、各国でその認知度は高まりつつあります。
 前回までのWPCの受賞作品を閲覧されている方も多くいらっしゃるかと思いますが、受賞した作品は、国内のコンテストと比べかなり異なった内容のものが多く、美的感覚や価値観の違いを感じると思います。しかし日本の一般消費者にとってはそれが違和感なく感じる事が出来る様で、既にコマーシャルの分野では多くの海外のフォトグラファー達が日本で活躍しています。今回はそんな海外の一流の作品を肌で感じ、今後の私たちの糧となり得る又とない機会だと思います。
 また WPC 国際審査委員長をはじめ WPC 役員等によるスペシャルセミナーが二日間、受賞セレモニーと祝賀パーティーが用意されており、充実した内容となっています。

 日本での大会は今回が終わると次は何十年も先になるかと思います。
 今回、写真界唯一の世界大会が日本で行われる事でもあり、写真文化協会、写真館協会合同での大会運営に加え、その他の写真団体や多くのメーカー・商社の協力を得て準備が進んでいます。是非、一人でも多くの方々の参加をお待ちしています。

WPC日本大会組織委員会
会長 堀 恵介

Image is not available

Welcome to Yokohama!

At long last the first Asian WPC (World Photographic Cup) will be held in Japan in Yokohama. First of all, I consider it a true honor that this great and glorious event in which we communicate through photographs is to be held in Japan, and extend a heartfelt welcome to you all.
The WPC is a deeply meaningful event in which international exchange takes place through photographs.
One can sense strongly in the works which are brought together from across the world how they reflect the differences in the environment and culture of their respective countries. However, at the WPC we appraise each other regardless of these differences. I think this is a wonderful thing.
This time will be the fourth WPC. I am absolutely delighted that each year the number of participating countries has been increasing, and that it continues to grow in size.
Yokohama, the site of this current WPC, is a city which is deeply connected with our country’s photographic culture. Around 160

years ago, the “black ship” (the frigate USS Susquehanna) docked at the nearby harbor of Uraga, and since then western culture flourished in Yokohama more than anywhere else in Japan. The vestiges of this history can still be seen here and there in the city, giving it a beautiful landscape. Furthermore, the father of Japanese photograph, Renjo Shimooka, opened a photography studio in Yokohama in 1862.
Please do come to Yokohama! Let’s have a wonderful time together.

Keisuke Hori
Professional Photographers of Japan
Chairman

Image is not available
Arrow
Arrow
Slider

2016年 WPC ポルトガル大会 表彰式

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

2017年2月22日と23日に横浜にて、ワールドフォトグラフィックカップ2017年授賞式が開催されます。

参加申込は下の「TICKET」をクリックして、ご希望のスケジュールチケットでご登録ください。

wpc_ticket_top

 

 

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

cp-top